フレンドリーでポジティブなインド人

インド人は、初対面の相手でも気軽に話しかけてくるフレンドリーな性格で、人と話するのが好きです。以前インドで立食パーティーに参加した時も、インド人参加者が次々と話しかけてきてくれるので、私にとっては楽でした。

また、10年前に1回会っただけの人から、ずっと友達であったかのようなメールをもらって、びっくりしたこともあります。

フレンドリーに加えて、インド人は物事をポジティブに考える傾向があります。これは、自分に都合よく考えるとも言えます。

何かをやろうとする時、リスクよりも成功の可能性の方を信じます。逆に言うと慎重さに欠ける面もあります。私のインド人パートナーの多くも、「これはできますか?」と聞くと、基本的に「できる」と言います。彼らにとってはまず仕事を取ることが最優先で、達成するための方法論は、自分でできなければできる人を探して実行するという考えです。

ですので、どのような問題でも対応してくれるので、私にとっては楽です。ただ、本当にできないのにできるという場合もあるので、その点には注意が必要です。

この傾向が高じて、ビジネスチャンスを求めるあまり、少々怪しげな話にも積極的に乗ろうとする人もいます。その後その人からその話は聞かなくなるので、結局続いてないのだと思います。

こうした傾向で、ビジネスにおいては新しい技術やサービスをチャンスと見なすので、新しい技術の導入には基本的に積極的です。こうした面もITや医療の発展に寄与してるでしょう。

ですので、彼らは特に日本の技術には興味を持ってウォッチしています。それは親日感情をより増すことにもなります。

以前医療機器のインドの病院への輸出を支援した事がありますが、これは学会で発表された論文をその病院の医師が見て、問い合わせがあったものでした。

上記のような傾向を知ってビジネスに取り組むと良いと思います。

この記事へのコメント