インド・ビジネスに携わってきて良かったこと

私は以前にいた会社で1996年に初めてインドと接して以来、インドの魅力、可能性を感じ、2004年に現在の会社を設立するに至りました。以来、インド人やインドビジネスに携わってきています。

インド人はほぼ、「明日は今日より良くなる」と信じています。こういう人と毎日接していると、私も自然と将来に希望を持ち、明るく、仕事にも前向きに取り組む気持ちにさせてくれます。

以前、あるインド系企業にお勤めの日本人とお会いする機会がありました。その人は、70年代からインド企業にお勤めの方です。その方はもう70歳を超えた方ですが、まだ求められて仕事をしています。そして、今後個人でもインド関連のビジネスを立ち上げる希望も持っておられます。やっぱり、伸びてる市場に身をおくということは、気持ちも元気にさせてくれるのだと思います。

インド人は、国内でもいろいろな民族がある位ですので、自分の気持ちの中で外国人や国内の人という区分はほとんどありません。誰でも普通に接していると感じます。彼らにはグローバル化という言葉は、元からないようです。そういう感覚に私も完全に慣らされ、いつしか外国人に対して何の心理的障壁もなくなりました。

以前、タイやカンボジアのIT企業を探してコンタクトする機会がありました。また、バングラデシュや中東の会社にコンタクトする機会もあります。グローバル化と言うのは、個々人の心の中の国境がなくなることですね。

16年前今の会社を作った時、日本ではインドと言ってもまだ深くは知られてない状況で、インドに進出してる日本企業数も今の半数の700社程度でした。それが今では、多くの日本企業がインドを普通にビジネスの対象として考えるようになってきています。インドは今後ますます注目されるのは、間違いないでしょうね。

これから、ひとりでも多くの人が、この将来に明るい市場に身をおくことで、日本の将来もきっと明るいものになると信じています。

この記事へのコメント