迅速に協業できる国

日本とインドの考え方の違うものに、スピード感とリスクのとり方があります。

インド人は、ビジネス上のつながりを求めて、いろいろな会合によく顔を出します。彼らは他人の力を借りるのが得意で、その重要性もわかってますので、知り合った人とは機会があればすぐに協業します。

私がインド人パートナーに対し「あの業界のこういう人に会って欲しい」と言うと、割と簡単に実現します。日本では有名でない中小企業や個人が大企業側に面会を求めても、簡単には会えません。日本の中小企業は、インドのこの特性を活用して、インド企業との協業を図った方が良いと思います。

また日本では、会って名刺交換しても、簡単にはビジネスにまでは行きません。日本でも最近では大企業が組めるスタートアップを探すということも出てきましたが、基本的には個人や中小企業から大企業に何かを提案しようとしてコンタクトしても、なかなか受け入れられないでしょう。日本では、ウェブサイトなどで見つけてもらう方が可能性があるでしょうね。

インド人は、建前の付き合いは時間の無駄と考えます。そしてビジネスになるなら、すぐに始めます。この時、相手の信用度については、会った印象、会社の状況調査もありますが、先にお金を少しもらうか、先に仕事を少しやらせてみることで、そのリスクをヘッジします。

このようにインドには、会って相手が信頼できると思ったら、すぐに仕事に繋げる、ダイナミズムがあります。

日本企業は特に海外が相手だと過度にリスクを見がちで、スピード感に欠けます。相手をスピーディに見極め、リスクヘッジを講じつつ、機敏に対応しないと、インドでは置いていかれます。

先日、あるインド人から米国から連絡がありました。その数日前にはインドにいたのですが、以前米国勤務時代の友人とビジネスの相談だそうです。彼は自分でビジネスをしていて、お金と時間はある人ですが、それにしてもフットワークが軽いと思いました。

彼らは、人脈を活用した情報がお金になることをよく知っているのです。それで、知りえた情報を使って行動に移すのも早いのです。この辺りのスピード感は、インド人の行動から見習うべき点が多くあります。

この記事へのコメント