新たなビジネスを考え、挑戦する人々

最近私のパートナーとなったインド人がいるのですが、彼も他のインド人と同様、金儲けのチャンスを常に考えており、前向きでアグレッシブです。ですので、常に新たな金儲けのネタを考えており、私にも新しいビジネスの提案をよくしてきます。

そのうちの多くは、「それはどうかなぁ」というのだったり、初期投資が大きすぎるもので難しいものです。でも、それは私も彼らの様にアグレッシブなら、もっと冷静に事業化の可能性を判断し、本当にやる気があれば初期投資の額などは何とかしてクリアすることでしょう。

また別のインド人パートナーは、「私こんなの始めました」と言って、それはある日本企業のインドでの販売代理みたいな仕事なのですが、商品もその委託企業もちょっと怪しそうな感じでした。彼には少し注意をするように言いましたが、ほどなく彼から、その仕事については語られなくなりました。彼らはやってみるのも早いけど、撤退も早いのです。

インド人はインド人同士の横の連携が強く、そこからビジネスにつなげることも上手です。起業家が多いのもわかります。

以前インドの起業家団体T.i.Eの創設者の方の話を聞く機会がありました。その方も、人とのつながりをビジネスにつなげる可能性を強く語っていました。インド人には本当にいろいろな人がいるので、いろいろな違う考え方やいろんな可能性に出会えます。

私もインド人パートナーから新しい仕事について提案を受けた場合、新たな発想や可能性を広げるため、一度受け留めてみるようにしています。

今後インド人との協業していく中で、日本企業、特に中小企業はこうした提案を聞く機会も増えると思います。こうした提案は、今後の事業拡大のヒントとして受け留めましょう。違う部署が担当する提案であれば、その部署につないであげるか、インドの担当者が組織横断的に業務をできるような、柔軟な組織体制にした方が良いでしょう。

またインド人は、こちらの提案にも積極的ですので、日本企業も新たな提案を積極的にし、彼らを巻き込んで活用して、事業の拡大を図りましょう。

このように、いろいろ考えてくれるインド人が多いことを日本人も活用すべきでしょう。

この記事へのコメント