「できる」から入る

弊社は主に、日本企業のインドに係わる業務に対して、インド側のスタッフとともにサポートしています。またまれに、インド企業からの依頼を受けて、日本企業と仕事をするということもあります。そういうことを通じて、日本企業とインド企業で大きく異なる点があることに気がつきます。

それは、新しい仕事の依頼に対するリアクションの違いです。インド企業は、まず基本的に「できます」、「やります」から入ります。それを受けてこちら側は、本当にできるのかチェックするのが主な仕事となります。また、仕事をする能力はあるが他の仕事量も多くあるために、もう新たに作業する余裕ないのに、できると言うケースもあります。

このように、インド人に何かについて「できますか?」と聞くと、「できます!」と答えられるのは、私の中では織り込み済みです。私もこの考え方に影響を受けて、そうした質問を受けたら、まず「できます」と答えるようになりました。

これには理由があって、どのような分野や業界の仕事であっても、それができるインド人、インド企業を探して彼らと組んでやるので、実際にほとんどのことができるのです。

しかし、インド側顧客に「こういうことができる日本企業を探してくれ」と頼まれ、知ってる日本企業に新しい話を持っていった場合には、自社の業務範囲から少しでも外れたものは、「それはできない」と言われます。

この安全第一、リスクを避けることを最優先する考え方は、少し行き過ぎてるように感じます。これでは、新しい発見や可能性を見出すチャンスを得ることが難しくなるのではないでしょうか。

ただ、この自社の業務を深掘りする事が、日本の技術を高め、信頼性を高めたということはあるでしょう。また、「選択と集中」という言葉もあるし、どっちの態度が良いのかはわかりません。

ただ、私はインド人の態度の方が好きです。「できる」から入って、何でも挑戦していくようにしたいものです。

逆にインド人に仕事を頼んだ場合は、実施のための方法論を確認するなどして、しっかりできていることを確認しながら進めることです。

この記事へのコメント