良い行いは報われる

インド人は記憶力が良いと感じます。インド人との会話で気がつくことは、「あの時ああ言った」とか、「あの時あそこで待っていてくれた」など、過去の行為をよく話します。インド人の基本的考え方として、過去の行いが現在そして来世を決めるというものがあります。それが、過去の行いを忘れないことにつながるのだと思います。

言いたいことは、普段から良い行いをすることがインドビジネスの成功につながるということです。良い行いをしてきていれば、後々周りのインド人が力になってくれます。

以前、知り合いのインド人の友人が経営する会社が日本企業に納めたカーテンがクレーム返品となったことがありました。その際、そのインド人社長に頼まれて、クレーム品の返品を預かったことがありました。

すると、紹介した知り合いのインド人もかなり感謝してくれ、その後の私への対応も一層やさしくなったように感じます。それからは、仕事のネタも持ってきてくれるようになりました。今はその彼とは10年以上の付き合いです。

インド人は何かをしてもらった恩は忘れず、ずっと感謝の気持ちを持ち続けてくれます。インド進出においても、現地で関係する相手への良い行いを積み重ねることは、後に必ず報われることになります。

最初はすぐには儲からなくても、時間をかけて信頼を得ていく精神で臨めば、必ずや経験値(=人脈X信頼)は積み上がって行くでしょう。それは、以後のビジネスにおいて、大きな力になることは間違いありません。

と言うことで、最初は小さくてもなるべく早い時点からインドとの付き合いを始め、善行貯金を積んでいくようにしましょう。インドの自動車市場では世界の主要メーカーが参入していますが、それでもスズキは高いシェアを維持しています。これも、スズキがインド市場が不十分だった時代から他の会社に先駆けて進出してくれたことや、それからのインドとの付き合いの時間の長さから得た信頼が、後続企業に対する大きなアドバンテージになっているのでしょう。

この記事へのコメント