ボスからの指示は細かくこまめ

インド人と交渉する場合は、できるだけこちらサイドのインド人を前面に立てるようにた方が良いです。これは日本側の会社が大きいとか、交渉者が偉いとかは関係ありません。一方、インド企業の人の多くは日本人と交渉する場合は、日本人を前面に立てた方がいいと思ってます。

そうした状況ですので、私がインド企業から頼まれて、日本で彼らの立場で日本人顧客と話をすることもあります。この場合は、アピールすべきことや達成して欲しいことなど、インド企業側のボスから事細かに指示がありますので、そうした指示を聞くだけでもなかなか時間がかかります。

ですのでインド人に依頼する場合も、できるだけ細かくこまめに指示をした方が良いでしょう。

先日も、あるインド企業の日本での販促を手伝いました。その際は、その会社のインド人社員と一緒に行動したのですが、面会後に一緒に行動したインド人の上司から、面会結果について詳しく聞かれました。同行したインド人から連絡は入っているはずなのですが、別の見方やそこにはない情報、また日本人ならではの相手方のニュアンスの見方などの情報を得ようとしているのです。

これをインドで商売する日本企業に当てはめると、営業情報や顧客情報などは日本人社員から入る情報だけでなく、現地のインド人社員から入る情報をよく収集するようにすべきです。きっと日本人社員では感じ取れない見方が得られるでしょう。

また、こうしたインド人上司は、お金が絡む話になると、特に発言してきます。

あるインドの会社から見積をとったときのことですが、見積範囲を一部修正しただけでも、見積の修正にかなりの時間がかかったことがありました。それは、上司からの指示が改めていろいろと入るからです。

インド企業内でそうした手間をできるだけ避けようとするには、インド側企業の上司と普段から雑談も含め、良いコミュニケーションをとっておくことです。

この記事へのコメント