未来への楽観

インド人の良い考え方として、未来に対して楽観的というこのがあります。インド人と話をしていると、自分の将来の夢やインドの国の今後について、ものすごく明るい見通しを信じ、ポジティブに考えていることに気づかされます。

なんでこんなに明るいのかと思うのですが、日本も高度成長期はこんな感じだったのだろうと思います。その頃私は子供でしたが、明日は今日より必ず良くなると信じてましたから。逆に日本は失われた20年と言われるほど、デフレ、低成長、少子化が進み、暗くなりがちな所がありますので、こうしたインド人の考え方に素直に影響されて、明るく考えたいものです。

こうした彼らインド人の未来への明るいイメージは、仕事においてもポジティブな行動となって現れます。弊社インド人パートナーは「仕事をしたい」そしてその結果「お金儲けしたい」という気持ちが根底にあるため、「こんな仕事できますか?」と聞いた場合には、彼らはまず「NO」とは言いません。

つまり、何とかできる方向で考えると言うことです。最悪自分ではどうしてもできない場合は、できる人を探せばいい訳ですから。もちろん聞く相手が、収入が仕事量に比例する事業主だからで、同じインド人であっても会社員の場合は違うでしょうが、こうした対応は素晴らしい考え方で、私のビジネスにおいても、インド人パートナーのこの考え方にかなり助けられています。

彼らは他人の提案に「NO」と言わないだけでなく、自分でもいつも新しいビジネスの可能性を考えています。そして考えたことを、私に提案してくることもあります。

これに対して私は、最初はその提案の足りない所を探してネガティブに対応していました。しかし彼らの思考の良い点に影響を受け、私もそれがうまくいくためにはどうすべきかという観点から考えるようになってきました。

インド人と付き合っていると、我々日本人も日本や自分の将来について、もっと明るく考えるようにしていかないといけないと感じさせられます。インドビジネスには、こうしたインド人のポジティブ思考に、良い影響を受けることができるというメリットもあります。インド人の楽観的な未来観を、このブログにおいても多少なりとも感じて頂けるようにと思っています。

この記事へのコメント