営業マンの地位が高い

弊社では、日本企業のインドでの調達サポートに加えて、”インド企業”の日本での調達もサポートしています。それで、インド企業の営業マンと日本企業の営業マンの両方に接する機会があります。

そこで感じる違いは、インド企業の営業マンは、上司からのプレッシャーもあり、必死に売ろうとします。一方、日本企業の場合はそれに比べると淡々とした感じを受けます。これは日本人は強烈な売り込みというものを嫌がる人が多いということも関係しているのでしょう。

しかしこの違いは、やはりハングリーさの違いが大きいでしょう。また営業マンの年齢もインド企業の方が概して若いと感じます。インド企業の若い営業マンの場合は、ひとつでも多く売って収入を上げたいと思うとともに、昇進へのモチベーションが日本企業の営業マンより高いこともあるでしょう。

もうひとつ言える事は、インド企業を見ていると、売る人(=顧客を連れてくる人)の社内での地位が日本企業に比べて圧倒的に高いことがあります。

日本企業もこれから、営業マンは最前線で海外の企業と戦っていかなければなりません。営業マンには、もっとモチベーションを高めるようなしくみを考えるべきと思います。

インドで営業マンの地位が高い要因としてもうひとつ言えることは、インドがネットワーク社会で、ソリューションを見つけ出すことは容易な社会であることも関係しているでしょう。

インド人はいろいろな問題に対して、自分のネットワークの中から解決できるスキルを持った人をピックアップし、彼らの力を借りて問題を解決していきます。そんなソリューションを導き出すことは比較的容易な社会なだけに、問題を見つけて来れる人というのが大変重宝されるのです。

これから、インド企業と大きく協業していかなければいけない日本企業や日本人にとって、この問題開拓能力はぜひ身に付けていきたいスキルです。ソリューションが必要な問題を持ってこれるなら、ただでさえ親日のインド人からより一層大事にされ、御社にとって良い仕事をしてくれるようになるでしょう。

この記事へのコメント