その後の状況を連絡する

あるプロジェクトに関してインド企業に見積依頼をしたり、最初の段階の仕事を実行したような場合、その後当該プロジェクトの実行や次の段階への移行がないことはあります。そうした際インド企業から、日本企業は意思決定や進行のスピードが遅いとよく指摘されます。先日も、インド側パートナーからそのような不満があり、対応しておりました。

あるプロジェクトの事前検討を行った後、長い間連絡がなく、インド側から「一体どうなってるの?」といった疑問や不満の声があがりました。それで依頼者である日本企業に確認したところ、「社内で検討中」という答えでした。

インドではスピード感を持って仕事をしないと、ビジネスチャンスを失うだけでなく、一緒に仕事をしようとするインド人パートナーのモチベーションを下げるということにもなります。

意思決定のスピードアップだけでなく、その仕事の成果に対するフィードバックを入れることも大事です。やってくれた仕事結果についてのフィードバック(顧客などからの反応やその後のスケジュールなど)や、少しでも成果がある場合にはこんなに成果があったと感謝の意を表現することは、その後さらにモチベーション高く、さらに良い仕事してくれるようになります。

計画中止や保留であっても良いので、極力速く決定し、インド側に連絡を入れるようにしてください。

インドでのビジネスは、日本人だけでは仕事ができないのは当然です。実際に最前線で働くそのインド人の仕事ぶりが、そのプロジェクトの最終的な出来栄えに大きく影響するので、彼らのモチベーションをどう引き上げるかが我々の最重要と言っても良いしごとになります。

問題を指摘するようなネガティブなフィードバックをする場合、インド人の反応として必要以上に反論する人、素直に受け入れる人、言い訳しつつも落ち込む人に分けられます。

2番目のタイプが望ましいのですが、1番目のタイプの人は、それによる報酬の減額のようなものさえなければ、反論しつつも次回から少しづつ修正してくれるようになります。3番目のタイプの人には、良い結果の方をより強調し、また得意分野に限った仕事のみ依頼するなどしながら、自信をつけさせていくと良いでしょう。

"その後の状況を連絡する"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: