物事は予定通りに進まない

インドで仕事をする場合、なかなか予定通りには物事が進んでくれません。インドで仕事をする際には、忍耐強さが求められるのです。

私もインド・ビジネスを始めた当初は、予定通りに物事が進まないといらいらもしていました。しかし、予定通りにいかなくて普通だと思って仕事に取り組むと、そういう事態にも余裕を持てるようになりました。

以前インドで、ある案件に応札した時の事ですが、例によって予定通りに進まず、予定より1年近く遅れて、結局中止となりました。このような状況はよくあることです。

ただ、突然物事が動き出すのもインドです。それで、突然の状況の変化に対応できる体制はとっておかなければいけません。突然の呼び出しや仕事量の増加に対応できるように、担当者のスケジュールの工夫や仕事を融通できる体制など柔軟な対応ができるような体制作りが求められるのです。

インド・ビジネスでは、この他にもいろいろな問題に遭遇します。何かが起きるのが普通と思っておいた方がいいでしょう。ですので、頭を柔軟にしておくことが大事になります。そうでないと常にストレスフルになってしまいます。

この事は、一緒にチームを組むインド側にも言えることです。インド人パートナーを選ぶ際にも、頭が柔軟であるかは大きなチェックポイントとなります。情勢の変化があっても、自分の考えを曲げないインド人も多くいます。そういう人とは、一緒にしごとしてもうまくいきませんね。

そういう人は、最初に話してみた時にその兆候は感じ取れます。例えば、たいした問題でないことても、こちらの提案に理由をつけて応じないなどです。私もそういうインド人と以前仕事した事がありました。その人とは、すぐにさよならしました。このことは、改めて自分への教訓として、しっかり頭に入れてあります。

"物事は予定通りに進まない"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: