「できる」から入る

弊社は主に、日本企業のインドに係わる業務に対して、インド側のスタッフとともにサポートしています。またまれに、インド企業からの依頼を受けて、日本企業と仕事をするということもあります。そういうことを通じて、日本企業とインド企業で大きく異なる点があることに気がつきます。 それは、新しい仕事の依頼に対するリアクションの違いです。インド企業は、まず基本的に「できます」、「やります」から入ります。それ…

続きを読む

新たなビジネスを考え、挑戦する人々

最近私のパートナーとなったインド人がいるのですが、彼も他のインド人と同様、金儲けのチャンスを常に考えており、前向きでアグレッシブです。ですので、常に新たな金儲けのネタを考えており、私にも新しいビジネスの提案をよくしてきます。 そのうちの多くは、「それはどうかなぁ」というのだったり、初期投資が大きすぎるもので難しいものです。でも、それは私も彼らの様にアグレッシブなら、もっと冷静に事業化の可能…

続きを読む

迅速に協業できる国

日本とインドの考え方の違うものに、スピード感とリスクのとり方があります。 インド人は、ビジネス上のつながりを求めて、いろいろな会合によく顔を出します。彼らは他人の力を借りるのが得意で、その重要性もわかってますので、知り合った人とは機会があればすぐに協業します。 私がインド人パートナーに対し「あの業界のこういう人に会って欲しい」と言うと、割と簡単に実現します。日本では有名でない中小企業…

続きを読む