インド社会は型どおりではない

インドはもちろん法治国家で、ものごとは法に基づいて処理されます。また、インドは欧米の商習慣に基づいた契約社会であると一般に言われています。 しかし一方で、インドはネットワーク社会であり、インド人は自身のネットワークを活用して仕事をします。このことは、個人的なつながりの深さによって、得られる情報や対応に大きな差がでることを意味します。 これは、日本企業とインド企業の関係においても言える…

続きを読む

最初は安く、徐々に上げていく

インド企業は、新規の顧客との取引を開始する際、基本的に最初の仕事で儲けるよりも、長期的な関係を築き、継続的に仕事を受注できるような関係の構築を望んでいます。それは単純に数学の問題で、その方がその会社にとって長期的に儲けが大きいことをわかっているからです。最初は仕事の大きさよりも、小さい仕事でもきちんと仕事し、長期的な関係構築を図ることが重要だと認識してることもあります。 ですので、発注側と…

続きを読む

賃上げ要求への対応

インド人を雇ったり、インド企業に何かを発注する側にとって、必ず問題になることは、雇用者側、受託者側からの賃金、あるいは受託料の引き上げ要求への対応です。 基本的に要求するインド人の側は、自分の周りの人、同業者、奥さんや親の意見、そしてインドの国内情勢や世界情勢などについて知った上で要求をしている、ということを頭に置いておかなければなりません。インド人は、周りの人の賃金、他社の賃金水準を知っ…

続きを読む