権威には従う

2020/05/18 09:28
以前、何人かの日本にいるインド人営業社員から電話がありました。それは、上司からの売り上げのプレッシャーを受けての電話だったことはすぐわかりました。「このサービスのニーズはないですか?」や「今、案件はないですか?」など、ストレートな営業トークだったからです。 またこのケースでは、「最近忙しいですか?」や「暖かくなってきましたね。」などという前置きの会話が少ないのも特徴のひとつです。とにかく売上げを上げたいという気持ちがひしひしと伝わってきます。このあたりは、インド人は素直..

続きを読む

インド人社員をやめさせないために

2020/05/07 13:47
先日、大阪にいるインド人が福岡に来たので、お会いしました。いろいろ話をした中で、彼が日本で転職した時の話になりました。(コロナでどう影響するかわかりませんが、)現状日本でインド人を求める需要は大きく、日本にいるインド人にとって、就活は楽なようです。しかし、そんな中にあっても、将来の情報収集のため、いろいろな人とコンタクトを取る作業を休めないのはさすがです。 このように現在定職のあるインド人でも、多くは現状に安住せず、自分のスキルアップと人脈の拡大は、常に考えて行動してい..

続きを読む

ベジタリアンについて

2020/04/14 15:16
インド人は宗教の関係で、ベジタリアンの人が多く、約4割の人がベジタリアンと言われています。 ベジタリアンといっても、純粋に肉、魚だけ食べない人もいれば、加えて卵や乳製品も食べない人もいます。また、私の印象では、特に南インドの人にベジタリアンが多いようです。   かつて、社長を含むあるインド企業のご一行様が日本訪問された際、その会社の日本事務所勤務のインド人営業社員とともに東京を案内したことがありました。昼食をとる際、何料理にするかを決めるのは社長で、社員はもちろん皆..

続きを読む

最初は安く、徐々に上げていく

2020/03/17 09:45
インド企業は、新規の顧客との取引を開始する際、基本的に最初の仕事で儲けるよりも、長期的な関係を築き、継続的に仕事を受注できるような関係の構築を望んでいます。それは単純に数学の問題で、その方がその会社にとって長期的に儲けが大きいことをわかっているからです。最初は仕事の大きさよりも、小さい仕事でもきちんと仕事し、長期的な関係構築を図ることが重要だと認識してることもあります。 ですので、発注側としては長期的取引の可能性と意思を示しつつ、その試金石として、最初は小さな仕事から出..

続きを読む

小さくても具体的な案件

2020/03/09 11:11
今回は、インド企業との良い関係作りに大事なことについてです。 インドの業者は、新たな取引を始めようとする場合、目先の仕事の利益より、その顧客と将来にわたって長い取引ができることの方に重きを置きます。ですので、初めての相手のモチベーションを上げようとする場合、長期取引の可能性があることをアピールすることが大事になります。 そして長期的な関係構築とともに、目の前の仕事の進め方で大事なことは、テンポよく、確実に前に仕事を進めることです。訪問しても見学するだけ、会議しても..

続きを読む

アナログ的なコミュ二ケーションの重要性

2020/02/25 09:46
今回は、インド人とのコミュ二ケーションについてです。 インド社会はネットワーク社会です。従って、インド人とは親しくなればなるほど仕事はしやすくなるし、好条件もくれるようになります。そのようなインド人とのコミュ二ケーションで、まず最初に指摘しておくことは、アナログ的なコミュニケーションの重要性です。 私はインド人とのコミュニケーションは、メールとチャットがメインです。でも時々は、電話もします。お互いの関係を深めるためには、メールより電話、電話より実際に会う方が効果が..

続きを読む

もっと見る