ベンチャーが育つ環境

2020/06/01 15:29
仕事を受託したいインド人に、「あなたはこれができますか?」と聞いたら、多くは「できます」と答えます。この点日本人は、自分ができるのはこの範囲と決める傾向があるように思います。それは自分にできない仕事を受けて、お客さんに迷惑を与えてはいけないという正直な態度なのですが、この点インド人は恐ろしい位に自分に枠をはめません。 できると答えて、実際にはできないインド人もいますが、多くはできます。その仕事がその仕事が自分の専門分野でなくてもです。 何故インド人は、自分の専門外..

続きを読む

英語というメリット

2020/05/27 15:16
インド人は情報の価値が大きいことを知っています。それで自分のネットワークを広げ、情報収集に努め、金儲けやビジネスチャンスをつかもうと日々努力しています。 この情報収集という点で、インド人にはさらなる有利なことがあります。それは英語です。情報収集においては、まずネットを使います。ここで、ネット上には圧倒的に英語の情報が多いことで、その豊富な資産を活用しやすいことが、彼らの情報収集力を一層高めているのです。 インドにとって、英語はこれまでの経済発展に大きく寄与してきま..

続きを読む

インド人社員をやめさせないために

2020/05/07 13:47
先日、大阪にいるインド人が福岡に来たので、お会いしました。いろいろ話をした中で、彼が日本で転職した時の話になりました。(コロナでどう影響するかわかりませんが、)現状日本でインド人を求める需要は大きく、日本にいるインド人にとって、就活は楽なようです。しかし、そんな中にあっても、将来の情報収集のため、いろいろな人とコンタクトを取る作業を休めないのはさすがです。 このように現在定職のあるインド人でも、多くは現状に安住せず、自分のスキルアップと人脈の拡大は、常に考えて行動してい..

続きを読む

ネットワーク社会に適応する

2020/04/01 14:43
インドはネットワーク社会です。例えば、印僑という在外インド人は世界中に多くちらばっていますが、インド人はそうしたネットワークを使ってビジネスをする事のメリットをよくわかっています。当社もインド人パートナーのネットワークを使う事で、中東やアメリカの仕事もしたことがありました。 このように、インド人はネットワークが仕事することが、いかに有益であるかを知っているのです。ですので、我々も彼らのネットワークに入ることで、普通以上の情報やサービスが得られたりできます。 では、..

続きを読む

インド人パートナーが重要

2020/03/30 09:58
日本企業にとってインドは、もう実行段階に入っていますので、その相談も増えています。 弊社としても、チームを組むパートナーを増やしたいと思ってます。実際、インド人はお金儲けの可能性を求めて、自薦も時々あります。ただ、パートナーは仕事の成果を左右する重要な要素ですから、簡単に新しい人には振れないという悩みがあります。 しかし、新しいパートナーには、仕事の実績を積ませないと、いつまで経っても戦力になりません。本当は新人用に簡単な仕事があればいいのですが、そううまくはいき..

続きを読む

営業マンの地位が高い

2020/03/10 10:46
弊社では、日本企業のインドでの調達サポートに加えて、”インド企業”の日本での調達もサポートしています。それで、インド企業の営業マンと日本企業の営業マンの両方に接する機会があります。 そこで感じる違いは、インド企業の営業マンは、上司からのプレッシャーもあり、必死に売ろうとします。一方、日本企業の場合はそれに比べると淡々とした感じを受けます。これは日本人は強烈な売り込みというものを嫌がる人が多いということも関係しているのでしょう。 しかしこの違いは、やはりハングリーさ..

続きを読む

もっと見る