インド人経営者

2020/06/10 14:32
インド経済が発展していく中で、インドの企業経営者の優秀さがよく語られます。実際インドの中堅以上の社長の多くは、若い頃に欧米に留学経験があり、グローバル・マインドにあふれ、人脈も豊富で、かなり優秀です。 一方で、インド企業には問題もあります。それは、インドのサラリーマンは、とにかく(自分の処遇を決める)上司を向いて仕事をし過ぎていることです。 インド企業では、多くが上司にお伺いを立ててからでないと返事ができません。ですので、物事を決めるのに時間がかかるのです。トップ..

続きを読む

ベンチャーが育つ環境

2020/06/01 15:29
仕事を受託したいインド人に、「あなたはこれができますか?」と聞いたら、多くは「できます」と答えます。この点日本人は、自分ができるのはこの範囲と決める傾向があるように思います。それは自分にできない仕事を受けて、お客さんに迷惑を与えてはいけないという正直な態度なのですが、この点インド人は恐ろしい位に自分に枠をはめません。 できると答えて、実際にはできないインド人もいますが、多くはできます。その仕事がその仕事が自分の専門分野でなくてもです。 何故インド人は、自分の専門外..

続きを読む

営業マンの地位が高い

2020/03/10 10:46
弊社では、日本企業のインドでの調達サポートに加えて、”インド企業”の日本での調達もサポートしています。それで、インド企業の営業マンと日本企業の営業マンの両方に接する機会があります。 そこで感じる違いは、インド企業の営業マンは、上司からのプレッシャーもあり、必死に売ろうとします。一方、日本企業の場合はそれに比べると淡々とした感じを受けます。これは日本人は強烈な売り込みというものを嫌がる人が多いということも関係しているのでしょう。 しかしこの違いは、やはりハングリーさ..

続きを読む

人脈を最大に活用するインド人

2020/01/07 10:11
インド人の仕事の仕方を一言で言うなら、人脈を最大限に使うということです。 数年前に聞いた、インド人起業家組織TiEの創業者であるカンワル・レキ氏の講演でも、彼は起業成功の秘訣を聞かれ、「アイデア自体は価値はない。アイデアが人を集めることができるなら、それが価値である。」と言っていました。 インド人はお金儲けに熱心ですが、彼らはできるかどうか聞かれた仕事には、基本的に「できる」と言います。彼らには、人脈を活かして大抵のことはできるという自信があるからです。 つ..

続きを読む

インドでの営業

2019/12/23 10:01
弊社は日本企業のインドでのビジネスを支援しています。支援の項目として、販路開拓、輸入サポート、進出支援、各種調査、オフショア開発などあるのですが、最も多いのは販路開拓です。 つまり、インドで自社の商品を売りたいと考えている企業が多いと言うことです。それで、今日はインドでの営業について考えてみたいと思います。 まず最初に押さえておきたいのは、インドでの営業は営業対象者にリーチするためには、こちら側の意を汲んだインド人を前面に立てることが大事だと言うことです。 ..

続きを読む

もっと見る